バレエのできる大空間を木造で造る
バレエ教室

レッスン風景。奥の窓から公園の桜が見えます。

外観

アプローチ正面に出迎える水色の玄関ドア。アイアン手すりの螺旋階段で2階のバレエスタジオへ。

外観2
バレエ教室ドア
バレエ教室玄関

バレエスタジオ玄関ホール  木製建具と杉の床板で暖かい雰囲気に。

DSC_3892
リビング

1階リビング 2階の振動を抑えるためにサイズアップした 梁が力強いアクセントになっています。

DSC_3871
1階玄関

設計・施工概要

・工事種別

・所在地

・構造

・規模

・延べ床面積

・施工者

・竣工

新築

京都府向日市

​木造

二階建

119.24㎡

株式会社デザオ建設

​2021年11月

設計プランについて

自らもダンサーとして活躍を続けながら、多くの子どもたちを教えているSさんにとって、自分の理想のバレエスタジオをつくることは長年の夢でした。
 公園に隣接する広い土地にめぐり合い、計画のお手伝いをさせていただくことになりました。
 バレエスタジオは少し特殊な設計です。まず天井の高さが3.8mあります。男性ダンサーが女性ダンサーをリフトして思い切って演技をするために必要なのです。床は膝に負担がかからないように特別なしなやかさが作れる工法を採用。壁は2面が鏡張りで歪みのない精度を要します。その他の壁は、鏡に写り込むため気が散らないように、真っ白に。他にも空調や照明のあり方など、要望を一つ一つ聞きながら決めていきました。
 構造は、バレエスタジオの大空間を実現するために、接合部に金物を用いる木造軸組SE工法を採用。1階の住宅部分も柱や耐力壁を減らすことができ、可変性のある間取りになりました。また、耐震等級3を取得しています。
 バレエ空間も住まいも伸びやかに仕上がりました。