朱一保育園分園 いちょうのおうち
外観

フェンスの前には花や植物が置かれ、外観を優しく彩ってくれています。

給食室

子どもたちの目の前でおいしい給食を作りたい、との思いから究極の給食室ができました。リフトも付いています。給食の先生は手が空いたら保育にも入って優しいお母さんのよう。

階段室

柔らかな光がガラスブロックを通して階段室を明るく照らします。

絵本棚

奥行きの浅い収納を利用して絵本棚にしています。

1階保育室

1階の保育室は道路からの距離が近いため目線が通る高さには色付きの型ガラスが入った建具を室内側に設けています。

トイレ

白とピンクで明るく子どもが入りやすい空間を目指しました。

3つの部屋

建具によって3室を分けたりつなげたり。

玄関ホール

玄関ホールをゆったり取り空調も完備、給食室の窓、献立見本と掲示板、絵本棚、階段とその下の隠れ家的遊び場、機能は満載。

午睡室

畳の床、杉の腰壁、障子の入った午睡室ですやすや眠る。

2階 テラス

公園に向けて開いたテラスで水遊びや外遊びをします。シャワーコーナーは段差無しのスノコ床。

設計・施工概要

・工事種別

・所在地

・構造

・規模

・延べ床面積

・施工者

・竣工

保育園の新築

京都市中京区

鉄骨造

3階建 

312.20㎡

(株)公成建設

2018

設計プランについて

 朱一保育園の分園である「いちょうのおうち」は本園から近く、いつも子どもたちの遊び場になっている児童公園が目の前に広がっています。定員210人の大きな保育園から少し離れた壬生の低層の屋並みの中で、ゆったりと過ごす0才児の保育が行われています。

 1階、2階でそれぞれ月齢に応じて10人前後のグループに分けて保育されています。

 小さいながらも専用の調理室を設け、調理の様子や匂い、食材の感触を間近で感じられるように玄関ホールの近くに配置しています。

 保育室は建具によって3室に仕切れます。奥に畳の午睡室、真ん中と、手前の部屋はそれぞれの建具をつないだり閉じたりして保育を展開します。天井のルーバーは、音と光を和らげ、吊り下げ遊具も自由自在。

一級建築士事務所 企業組合もえぎ設計 
〒602-8201 京都市上京区笹屋町通大宮西入桝屋町601番地 Tel 075-431-1120 / Fax 075-431-1123

・リンク集