Works細長い敷地に建つ保育園 -ゆりかごどんぐり保育園-

About

 共同保育所からはじまった「ゆりかご保育園」の第2園として建設されました。子どもたちが素足で元気に遊び、土や自然にふれられて、みんなで楽しく美味しいご飯を食べる、そんな保育を実践できる建物となるように設計に取り組みました。
 限られた広さの敷地の中で、保育室や園庭をどこにするか色々と検討をしましたが、0才児保育室は、日当たりがよく避難がしやすい道路に面した南側に配置しました。2階の幼児の保育室は遊戯室を中心に配置しているので、遊戯室は普段から広い遊びスペース、ランチルームなど、さまざまな使い方ができます。東側に設けた園庭には階段を降りて行かなければならないけれど、子どもたちは土で山を作ったり穴を掘ったりして思う存分遊んでいます。狭い敷地でも外とのつながることができる保育園です。

Data

建築主
社会福祉法人 ゆりかご福祉会
敷地
尼崎市 485.99㎡
構造・規模
RC造 3階建て
延べ面積
569.72㎡
施工
コーナン建設株式会社
竣工
2021年2月


外観 東側から見る


園の名前にちなんだどんぐりの実と葉をかた取ったデザイン。保育士の方のスケッチを元にしています。


木製の玄関扉や杉板張りの天井で優しい雰囲気となるようにしました。奥に調理室の搬入口があるため、アイストップを兼ねて木製横格子を設けています。


1階ホールの一部に絵本コーナーを設けています。階段下を利用し、落ち着いた居場所になるよう床の高さを下げました。


1階ホールに面した調理室。 ホールから様子がよくみえるように窓を開けています。


0歳児保育室の床は桧無垢フローリングです。


保育室の手洗いはクラス毎に色を替えてカラフルに。


保育室の手洗い


子ども用トイレ

 


2階遊戯室 南は屋外テラスとつながっています。


屋上 夏はここでプール遊びをします。爽やかな色にしました。


3階会議室