• ***

胡麻の小林邸を訪問しました

築16年になる小林邸に、外構のご相談でお邪魔しました。小林さんの家は胡麻駅のすぐ近くにありながら、まるで高台の別荘のようなロケーションです。大きな切妻のおおらかな住まいと小林夫妻が出迎えてくださいました。まずは綺麗に管理されたお庭を拝見。外構に使った枕木が、朽ちてきたので取り替えたいとのことでした。建物全体こまめにメンテナンスされているご様子で、内部の柱や梁、床や壁に用いた杉、桧もいい色になっていました。居間から目の前に広がる近くの畑や遠くの山並みの風景は竣工当時そのまま、心地よい風が家中をめぐります。当時は共働きで京都市内への通勤をしながら忙しくされていましたが、今はゆったりと過ごしておられるとのことです。懐かしくついつい掘りごたつに居座って長居してしまいました。



枕木のアプローチ 右側に居間に続くテラス 上にロフトの窓が伺えます。

居間にしつらえた掘りごたつと大きな木製の窓 目の前にご馳走景色が広がります。雉や鹿が来るそうです。 冬の隙間風対策や結露対策など細かい工夫を見せていただきました。












38回の閲覧
一級建築士事務所 企業組合もえぎ設計 
〒602-8201 京都市上京区笹屋町通大宮西入桝屋町601番地 Tel 075-431-1120 / Fax 075-431-1123

・リンク集