• 山田

私のすまいづくりvol.21「台風に備えて足場シートを外す」

 週末の台風14号の経路が京都も暴風域に入るとの予報だったため、現場では足場シートを外すことで、風に対して対処をしてもらっていました。運良く京都市内はそれほど強い風雨に見舞われることもありませんでしたが、工事中の豪雨や台風はとにかくヒヤヒヤします。


 現場は順調に進んでおり、週末に下屋と庇の板金屋根が取りつきました。台風が来る前になんとかここまで終わってもらいたかったので、一安心です。というのも、大屋根は防水シートが貼られていれば大丈夫なのですが、庇や下屋は壁との取り合いが出てくるため板金まで終えないと、台風などの場合、防水シートと壁との隙間から雨水が入ってしまう可能性があります。



 内部では気密シートがどんどん貼られており、外部ではモルタルの下地となる衣摺が貼られています。どちらも後1、2日くらいで終わりそうです。

 足場が組み上がり、足場シートが外周部を覆うと外装の仕上がりまでは外されることはないため、工事途中の建物の全体が見えることはほとんどありません。今回は台風に備えて足場シートを一時的に外したため、工事途中の全容を見ることができました。




*当記事の記載内容について妥当性・正確性・最新性を保証するものではありません。当記事の利用により生じたいかなる損害やトラブルに対しても、一切責任を負いません。ご利用の際は、利用者ご自身の責任において行ってください。




閲覧数:19回0件のコメント