• ***

プーチン政権のウクライナ侵攻に抗議し、一刻も早い撤退を求めます

更新日:4月7日

ウクライナの人々の暮らしを武力で一方的に破壊する非人道的な行為は決して許されるものではありません。さらに、原子力発電所を次々に制圧し、放射性物質を拡散するリスクを高めていることや核兵器を使用する可能性を仄めかすなど、到底理解できません。ロシアの国内でも多くの人々が反戦行動に立ち上がっているとのことですが、独裁的な統制のもと、自由と真実が踏み躙られていると報じられています。

ウクライナへの侵攻は当事国である双方の国民にとって将来にわたり禍根を残すものであり、今回の侵攻により生み出されるのは憎しみと悲しみでしかありません。

平和でなければ、人々の幸福も、地球の持続も望めません。

平和を求める世界中の人々と連帯します。



閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示