• 清原

すまいの細部を考察するVol.10

 

 家に帰ってまずすることはマスクを外す。(これは今だけと信じたい)それはおいといて、 ポケットから携帯電話を出す、ハンカチとマスクを洗濯機に放り込む、上着を脱ぐ、少し ラフな格好に着替える(したりしなかったり)、カバンを置く、手を洗う、カバンから弁当 箱を出して台所へ、少し水を飲む。さて、また明日出勤するときにこれを逆に巻き戻すの です。 近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」によると、帰ってきたらカバンの中身 を全部出す、とのこと。そういえば久しぶりに全部出すと古いレシートやらネジやら見覚 えのないものやら、いろんなものが出てきます。必要のないものと一緒に毎日出勤してい るのだな、と思い知らされます。

その、カバンの中身もそうですが、 後で見ないとなぁと思っている何 やらの案内状とか、読みかけの本と か、自分の管理下に置くモノたちを 一カ所にまとめたい。書斎というほ どこもって何かをする訳ではない のでコーナーでいいのです。椅子も いらない。リビングの一角がいい、 ちょっと後ろでいい、扉はないほう がいい、そんな場所を何と呼ぶ? 机の高さにカバンをドカッと置き、横に本棚が少しあって、前に展覧会の案内が貼れて、 下の引き出しに工具や文房具が入り、読みかけの本・新聞が平置きできる巾 750 奥行 400 の自分だけのコーナーが。


 書斎で検索を掛けると必ず椅子とパソコンがついてきます。パソコン はみんなで一つなので、オープンな場所にある訳で、そこでは作業は しないのです。息子がベンチの上を自分のもので埋め尽くすのは、使 いやすいからですね。 そんな場所をリビングに向けて作るな!とお叱りを受けるので、自分 の寝室に引っ込めるか、

やはり書斎が欲しいと言っているのと同じな のかはさてさて。これは建築でやる話ではないのかもしれません。 なんか片付かないのはこのコーナーがはっきりとしないからではない かと思うのです。

 積読するのもそのせいだ。ちゃんと位置づけなくてはなりません。 こんまりさんのいうように休みの日に一度物を全部並べてみますかね。 すまいづくりに大事な場所だと思います。  








閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示