摂津峡保育園

[ 外観 ]

[ 園庭 ] 園庭の突端は、急斜面で、芥川の緑道につながっています。さまざまな樹木の中に丸太の階段とロープがつながれアスレチックな遊び場になっています。下には畑もあります。

[ 縁側空間 ] 保育室の外には、深い庇のかかった桧の縁側が廻っています。テラス戸も網戸も桧です。日本の民家やお寺のような感じにしたいと先生から思いが語られました。

[ 0 才児保育室 ] どの保育室も家具や衝立をうまくレイアウトして、子どもたちが落ち着 いて過ごせる工夫がされています。先生の服装や声も子どもに与える環境のひとつとのことです。

設計・施工概要

・工事種別

・所在地

・構造

・規模

・延べ床面積

・施工者

・竣工

保育園の新築

大阪府高槻市

RC造

2階建

845.19㎡

掛谷工務店

2013年3月

設計プランについて

 芥川沿いの傾斜地を造成した本敷地は、船の突端のように四方が見渡せる絶景のロケーションを有します。
子どもたちがこの自然豊かな景色を享受し、身近な土や緑と親密な関係を持てることを意図しています。

 そのため、5 つある保育室はすべて1 階に配し、外に深い庇のかかった桧の縁側を廻らせています。そしてゆるやかに園庭へとつながっています。
 外部建具にも桧材を用い、子どもの目の高さに合わせた低い腰板を付けています。保育室の床には桧材、腰壁にはリブに加工された杉を貼るなど室内の木質化
を重視しています。

 大屋根のかかった2階は、遊戯室と子育てひろばや小学生の放課後の居場所など地域のさまざまな要求にこたえるために計画された空間です。
 可動間仕切りで区切られ、大規模なイベントにも対応できる大空間になっています。外壁には、一部モザイクボーダータイルを用い、明るく楽しげな表情にしました。玄関正面にはアールに弧を描いたベンチをしつらえています。

一級建築士事務所 企業組合もえぎ設計 
〒602-8201 京都市上京区笹屋町通大宮西入桝屋町601番地 Tel 075-431-1120 / Fax 075-431-1123

・リンク集

[ 縁側空間 ] 保育室の外には、深い庇のかかった桧の縁側が廻っています。テラス戸も網戸も桧です。日本の民家やお寺のような感じにしたいと先生から思いが語られました。