西七条保育園

[西側外観及び園庭] みんなが園庭を通って園庭に入るのは「にしなな」一番のこだわりです。地域の人たちも気軽に訪ねてこられるように、事務 室は一番にお出迎えできる位置に。

[ 中央階段 ] 中央にダイナミックな螺旋階段を設けました。トップライトで光を落として真ん中の明るさを補っています。 また、1 ・2 階を視覚的にもつなぐ役割を果たしています。

[ 食堂 ] クッキングのできる子ども用調理台は、配膳台としても大活躍。東に日本庭園が楽しめます。

[ 保育室 ] 少人数保育をフレキシブルに行うために、各クラスを建具で仕切っています。床は桧材、壁には東吉野の杉をふんだんに使いました。

[ 0 ・1 才児保育室 ] 勾配屋根を利用した上昇 感のある天井に。午睡室 は落ち着いた畳の部に。 ベランダには可動テント を設置しています。

[ 園庭 ] こどもたちや保護者の参 加でビオトープの小川に 石を敷き並べました。

設計・施工概要

・工事種別

・所在地

・構造

・規模

・延べ床面積

・施工者

・竣工

保育園の改築工事

京都府京都市

RC造

2階建

1370.86㎡

株式会社長村組

2011年2月

設計プランについて

 西七条保育園は、2 1 年度老朽改築工事の補助金を受けて、定員を1 2 0 人から1 5 0 人に増やし、建て替えられました。 昭和4 0 年以来の保育実践を基礎として、どんなあたらしい 「にしなな」をつくるのか、職員・保護者・O B の皆さん達と議論を重ねてきました。

 こどもたちを小さなグループで保育したい、どのクラスも園庭につながりたい、みんなが顔を合わせる玄関を、クッキングのできる食堂、創作活動ができる多目的な部屋、桧の床や杉の壁に・・・思いはいっぱいひろがりました。「とことん話し合う」西七のスタイルを反映し、工事が終わるまで、検討が重ねられました。

 既存の園舎は敷地の北西側にL 型に建っていました。ここで保育を続けながら新しい園舎を建設したので、新園舎は敷地の東側に配置され、真四角な形になりました。
 おかげで園庭が北に隣接する高齢者施設の庭とつながり、互いによく見えて行き来できるようになりました。
 たくさんの大人たちがうんうんうなりながら作った新しい保育園で、先生方の議論の中でよく語られていた「こどもたちの自治がそだつ」ことを願っています。

一級建築士事務所 企業組合もえぎ設計 
〒602-8201 京都市上京区笹屋町通大宮西入桝屋町601番地 Tel 075-431-1120 / Fax 075-431-1123

・リンク集