私たちが考える園舎づくり

 保育園は子どもたちが過ごす「住まい」だと考えています。子どもたちの体や心の発達にあわせた活動を保障し、日常の生活習慣に対応した細かい配慮と居心地の良い環境づくりを大切にしたいものです。わたしたちは様々な保育園にかかわる人たちと一緒に園舎づくりを進めていきたいと思っています。

保育園の事例紹介

いなべひまわり保育園
2019年2月
いちょうのおうち
2018年3月
ひまわり保育園
2018年3月
どんぐりのおうち
2017年3月
第2長尾保育園
2016年3月
よつばのお家
2016年3月
ひまわり共同保育園
2015年3月
芦屋こばとぽっぽ保育園
2014年3月
みつばち菜の花保育園
2012年3月
もっと見る
 

私たちが

考える

園舎づくり

子どもたちが育ち合い 大人にとっても使いやすい​

 

施設づくりをサポートします

 子どもたちが長い時間を過ごす保育園や幼稚園は、一時的な預かり場所などではなく、子どもたちがその心とからだを自ら育み、おとなや友達との関係の中でより豊かにその人間性を発展させていく大切な居場所であると感じています。

 また、子どもを取り巻く環境は、ひとりひとりによって違いますが、園舎の中ではすべての子どもたちが存分に遊び、食べて、安心して寝る環境を同じように享受しています。そのことに共感し、ひとりひとりの子どもたちに、「大好きな場所」と感じてもらえることを願いながら園舎の空間づくりに取り組んでいます。

 子どもたちの発達の道筋を科学的にとらえて、人との関係づくりや空間づくりに落とし込んでいくことや、子どもの「じぶんでできる」を大切にするために、使いやすい形や色や高さの工夫をしています。また、すまいのような落ち着いた居場所をつくり込むことや、一方で子どもが主人公になれる場所として、ダイナミックに展開する子どものための環境づくりも大切にしたいと考えています。

大切に

​していること

 

​1 つくる過程を大切に

・様々な関係者ができるだけ主体的に関われる進め方

・部分的な改修でも全体を見渡した計画

​2 子どもの発達を育む空間づくり

・子どもの発達を保障し、保育に合わせて使いまわしのきく空間

・災害に強く、事故の起きにくい安全な計画

・光や風をとり入れ、自然な素材を使った施設

・夢のある楽しい生活空間 ・「食」「遊」「寝」を大切にした施設 

3 保育者・職員の動きやすい空間づくり

・子どもに目のいき届く空間

・機能的で動きやすい空間

4 地域の生活拠点としての施設

・地域の子育てセンターとしての施設

・保護者や地域の人たちが集いやすい空間

一級建築士事務所 企業組合もえぎ設計 
〒602-8201 京都市上京区笹屋町通大宮西入桝屋町601番地 Tel 075-431-1120 / Fax 075-431-1123

・リンク集