ひまわり保育園
外観西面

[ 道路からの外観 ] 3階のテラスはプールを置ける広さがあります。 右側にある擁壁が園庭の築山部分です。 築山によって2階の園庭と地面が近づき 2階を主な居場所としている幼児も外で遊ぶ機会が広がります 非常時の避難用に設けられている滑り台も日常の遊具としています。

テラス

[ テラス ] 子どもたちはつくった色水を入れた容器をジュースにみたてて、ごっこ遊びをしています。

階段、保育室の建具のハンドルや子どものトイレ前に北山丸太を使っています。 代々、数奇屋建築の床柱を納材する中田林業さんから調達しました。

幼児保育室

建具や可動のロッカーを移動させると保育室が一室として使えるようになっています。

上/各幼児保育室には米をとぐために流し台があり、昨年秋から幼児クラスの子どもたちで当番を決めてやっています。自分たちの部屋で炊き始めて食べる量が増えたそう!

外観パース

特徴的な園庭と外観のイメージを共有する為に計画段階でパースを作成しています。

保育室

築山が見えて部屋に奥行が感じられます。 建具枠や腰板には府内産材を使用しています。

設計・施工概要

・工事種別

・所在地

・構造

・規模

・延べ床面積

・施工者

・竣工

保育園の新築

長岡京市

RC造

3階建

553.00㎡

株式会社長村組

2018年3月

設計プランについて

 長岡京市で初の産休明け保育を実施する為に、40数年前に認可外の共同保育所として開設されて以来ずっと、移転・資金づくり・土地探しを続けてきた保育園です。私たちも20年近く認可運動のお手伝いをする中で、3年前に小規模保育施設への改修に関わらせていただきました。
 「この土地で就学までの保育園が建つでしょうか」と送られてきたのは、高速道路沿いの500㎡にも満たない変形敷地でした。これが長年の夢の実現への始まりです。
 定員からすると、保育室や園庭は基準面積ぎりぎりで、敷地内に十分な空地を確保するのは困難でした。しかし、現地に立ってみると、予想以上に高速道路の位置が高く、高架下の公園利用も併せその向こうに広がる西山の眺望が良く、外とのつながりを活かした保育園のプランができそうだと思い直しました。
 ひまわりの保育は食育が特徴の一つです。玄関に近く、保護者も子どもも前を通る調理室は、他の部屋より床を下げて調理員さんと子どもたちの目線を合いやすくしています。幼児さんはおかずを受け取り2階の保育室に運び、片付けも子どもたちの仕事です。
 2階の3つの幼児保育室では2歳児を含めた5才児までの縦割り異年齢保育を行っています。これは共同保育所時代からの長い実績を大切にした結果で、いろいろな年齢いろいろな子どもが刺激し、認め合いながら成長します。保育室前の広いテラスの透明な手摺越しに室内からでも山並みが見え、下階の築山で遊ぶ乳児さんたちの姿も眺められます。3階には職員スペースを配置し、コンパクトながらも人や外とのつながりを大事にした園舎ができました。

一級建築士事務所 企業組合もえぎ設計 
〒602-8201 京都市上京区笹屋町通大宮西入桝屋町601番地 Tel 075-431-1120 / Fax 075-431-1123

・リンク集