ゆりかごどんぐり保育園
外観正面
外観
門扉

園の名前にちなんだどんぐりの実と葉をかたどったデザインです。保育士さんのスケッチを元につくりました

玄関

木製の玄関戸や杉板貼りの天井で優しい雰囲気となるようにしました。奥には調理室の搬入口があるため、アイストップも兼ねて木製横格子を設けています

玄関ホール
保育室

保育室の腰壁は杉板貼り、一部を建具高さまであげて掲示板にも使えるようにしています

絵本コーナー

ホールの一部に絵本コーナーを設けています。階段下を利用し、床を下げ落ち着いた居場所になっています

厨房
屋上

設計・施工概要

・工事種別

・所在地

・構造

・規模

・延べ床面積

・施工者

・竣工

保育園の新築工事

兵庫県尼崎市

RC造

3階建

569.72

コーナン建設㈱

2021年2月

設計プランについて

 「ゆりかごどんぐり保育園」は、ゆりかご福祉会の第2園です。共同保育所からはじまった「ゆりかご保育園」の本園で大切にしている、子どもたちが素足で元気に遊んだり、外遊びを大事にしたり、みんなで楽しく美味しいご飯を食べたりできる保育を実践できるように設計に取り組みました。  

 保育園の定員は40人ですが、ゆとりをもった広さにしたいという要望から、定員に比べ各保育室を広く確保しています。また、ホール空間もゆとりをもたせて、ランチスペースにしたり、建具を閉めて一時的な保育室にしたりと多目的に使えるようにしました。調理室はそのホールに面して配置し、必ず子どもたちがその場所を通ることで、給食を作っている様子が見えたり、調理員さんとお話しできるようにしています。  

 敷地が細長くあまり広くないので、保育室や園庭をどこにするか色々と検討をしましたが、0才児保育室は、日当たりがよく避難がしやすい道路に面した南側に配置しました。小さな子も安心して土遊びができるように乳児園庭も設けました。2階の幼児の保育室は遊戯室を中心に配置することで、普段から広い遊びスペースとして使え、幼児用のランチルームにもなります。園庭には階段を降りて行かなければならないけれど、子どもたちは土で山を作ったり穴を掘ったりして思う存分遊んでいます。また、2階の遊戯室の南側にある大きなバルコニーも半屋外空間として、ちょっとした水遊びや創作活動ができるようにしています。