築100年の町家にアートプロジェクトの拠点を作る
ダイニング

ダイニングは打ち合わせ室兼食事スペースとして建物の中心に位置しています

事務スペース

事務スペースには、施主自ら制作による本棚にイベント資料がビッシリと 並ぶ予定です

ダイニング2
倉庫

構造補強をした倉庫

作業

塗装工事は自主施工

奥土間
2階

2階は落ち着いた和室になっています、綿壁を施主自ら剥が して中塗壁をあらわしとしました

設計・施工概要

・工事種別

・所在地

・構造

・規模

・延べ床面積

・施工者

・竣工

住まいの改装

京都市上京区

​木造
2階建て

165.21㎡(倉庫含む)

アラキ工務店
2021年6月

設計プランについて

 光や映像によるパブリックプロジェクションを行う美術家、髙橋匡太さん。  

 元レース織の織屋工房だった町家を購入され、事務所兼倉庫兼住宅としての改修を依頼されました。多くのイベントプロジェクトを手掛ける仕事柄、たくさんの機材や物をストックする場所や日頃の企画計画をする事務所機能と、生活の基盤である住まいを一つにして活動しやすくしたいとの思いです。  

 築100年近い建物ということで、京都市の耐震診断を利用して診断を行い、耐震改修の計画助成を申請して全体計画を立てました。当初の町家が増改築により床が撤去されて8割がた土間になっていたの町家の1階を、構造の安定性と事務所機能を追加するためにもとの形に復旧し、水廻りのやり替えを含めて全体を改変しました。  

 事務所の部分と住まいとの共存。趣味のバイクいじりのためのスペース確保も重要な位置づけとなっています。広い土間の魅力を有効に活用して、わずかな中庭とのつながりを作り、風通しの良い空間になりました