​景色を切り取る家
2-2

LDK 北と南に大きく開口をとり、光と風をとりいれます。

7-4

寝室 2階の天井は短めの間隔で垂木を並べて仕上げました。

6-4

前室から見える北側の風景

2-9

書斎コーナー LDKの一部につくりました。 ここからものどかな景色が見えます。

6-1

子ども室 今は前室とつながっていますが、将来建具をとりつけて分けることも可能です。

4-4

納戸から見る 洗面所・廊下・トイレ 将来のことも見据えて三つの引戸を開けきると車いすが回転しやすいスペースが生まれます。

設計・施工概要

・工事種別

・構造

・規模

・改装面積

・施工者

・竣工

住まいの新築

​木造

2階建

113.04㎡

ツキデ工務店

2011年4月

設計プランについて

 幼い子どもが大人になり、別の土地で暮らしはじめたとしても、気軽に帰ってこられる、ずっと確かなマイホームがほしい。

 Aさんが打合せの中でおっしゃっていたのが、大変印象的でした。その思いを受け、普段はAさん夫婦と子どもの暮らし、近々お母さんとの同居を踏まえた住まいづくりがはじまりました。

 A邸は北側に桜の名所として知られる川の堤が見渡せ、遠方には山並みも見えます。この土地の原風景を積極的に取り込み、空間の一部に組み込むことでふる里といつでも帰れる我が家が空間として強く認識できるよう配慮し計画しました。そのことで、内と外のつながりがもたらす居心地の良さがつくれたように思います。

 住み始められて一年半が過ぎましたが、子どもたちの成長とともに家具の配置を変えられたり、庭に徐々に植栽が加えられたり、風景の移り変わりとともに 少しずつ家に時間が刻まれていました。

一級建築士事務所 企業組合もえぎ設計 
〒602-8201 京都市上京区笹屋町通大宮西入桝屋町601番地 Tel 075-431-1120 / Fax 075-431-1123

・リンク集